上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鳴き声は相変わらず枯れて治る気配はない。

しかし、ミューさんもワクチン接種のお知らせがきていたので、これはまず打つ前にちゃんと診てもらおうと、

病院に昨日行ってきた。

先生は熱もないし、声もエアコンで喉が荒れたのではないかとのこと。

大丈夫そうだし、ワクチンを打っちゃいましょうということになった。

一瞬、今日はやめた方がよさそうだけどな~とは感じたが、

また来るのもミューさんのストレスになるなと思ったので、お願いすることに。

そして夜。やはり一瞬の予感は的中した。

ぐったり動かなくなりめっきり食事もせず。

デリケートボーイはワクチンにも弱い。

今朝になっても食事はせず。

これはちょっと別の病院に行ってみようということになった。

いつも行く病院は、いい先生だが、馴れ合いが出てしまっていけない。

なによりミューさんがもう拒否反応。

今日は車に乗せた時点で病院に連れて行かれると察知し、軽いパニックを起こした。

やはり体調悪そうだ。

いつもは緊迫空気を出すだけだが、今日はパンチング呼吸してしまっている。

まずいな~。引き返そうかと思った矢先、いつもとちがう道のりを感じたのだろうか。

途中から、きょとんと大丈夫そうな顔をした。

「おや?わかるのかい?そうだよ今日は別の病院だよ。」と言ってみる。



今日の病院は若い先生で、西洋医療と併用して東洋医療も取り入れたりしている。
(鍼灸治療とか漢方、メディカルアロマなど)

あと福島の警戒区域でのペットの救護活動に参加したりと、意欲的な先生だ。

評判もよい。しかも家から近い。



引っ越した時点で、近い方のこちらに切り替えたらよかったのかもしれない。



でも私はコンサバな人間なのでよほどの問題がない限り新しいものに手を出せない性分で、

レストランに行くときも毎回同じメニューを頼むタイプだし、毎日パスコのバームクーヘンを食べる習慣もある。

そのような人間がペットの病院を新しく開拓するのは、勇気がいることだった。



しかし、まあ結論からいえばミューさんに関しては早めにこちらの先生に診てもらった方がよかったという感じが否めない。



きちんと話もきいてくれて、ミューさんの人柄。猫柄?にも触れ、

新しい子猫がきたことと、この気候、ワクチン接種。それとこの子の性格など色々な要因が重なって疲れが出たんだろうと話してくれた。
(さすが東洋医療を併用しているだけあり)

ワクチンの遅延型副作用が出ているようだからとりあえず食欲出てもらうように注射します。とのこと。

「なんだか余計、ストレスたまるようでごめんね~」と言って申し訳なさそうに、おしりにチクリと注射した。

そして、多頭飼いついては「どうしても、あわないという子もいるんですよ。でもこの子の場合は威嚇などはしていないし、見る限り、かなりデリケートで神経質そうなので少し時間はかかるかもしれないけど、長い目でみればあんなこともあったな~ぐらいになると思いますよ」と。

それを獣医さんの口からきけたことで私、どれほど癒しになるか。



多分どこの獣医にいってもワクチンの副作用を抑える注射をするというやってくれることは同じだろう。

まだ若いので、ちょっと頼もしさに欠けるところもある。



でもひとつひとつのささやかな言動がとても好意がもてて、それが信頼につながる。

そう思いました。




獣医はたいてい医者が一人でやってたりするから、

いきつけの病院一件だけだと、どうしても偏ったやり方考え方で治療が進められ、

ペットにこの病院はどうかと聞けるはずもなく、

こちらも判断する材料も選択肢も少ないからそれに従うしかないわけで。


だから、気に入った病院が見つかったら、何軒か併用する方がいいかもしれない。

それで、その都度、適材適所で判断して、今日はこっちの先生がいいかなとか、

ちょっとわかんないから両方の先生の意見をきいて、よいと思った治療方針の方で行ってみようとか。



多分獣医さん側からすれば迷惑かもしれないし、先生にも併用してることは言いにくいけど、

そんな遠慮をしてる暇にペットのよりよい快適を飼い主は考えなきゃいけないわけで、

意見が聞けないペットに対してはもちろん飼い主だってその方が安心なんじゃないかなと。


よく、合わない先生だったから、別の病院に変えていっていい先生を見つけるってことはあるけど、

私は今日、いい先生を何軒か見つけることが大切なんじゃないかと思った。

でも、どんな薬を過去に使ったかのカルテの共有はできてない分こちらが注意しないといけないこともたくさんあるから併用するリスクも考えなきゃいけない。



う~ん。

ペットにおける飼い主の病院の使い方、関わり方に関しては命に関わる大切なことだから、

これから色々考える必要がありそう。





ミューさんは家に帰ってきていそいそとごはんも食べだし、今ゆっくり寝ております。


クリック頂けると嬉しいです

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 

















スポンサーサイト

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。