上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私にとって朝、夫を送り出してから、自分が会社に出社するまでの2時間位の間が、

2匹の猫も一騒ぎして昼寝に入り、誰にも邪魔されないゴールデンタイムになる。



いつもミューは二階の寝室で、メメはいまだ個室で寝ているわけだが、

昨日はどういうわけか、メメさんがなかなか寝てくれない。さみしがってやたらと鳴く。

ミューも寝てるし、ここはひとつ思いっきり甘えさせてやろうとゴロゴロ言うメメをごろごろさせていたら、

上からコトッと音がした。















miteru.jpg









..見てる......






































基本的にミューは夫にしか甘えないので、私とメメを嫉妬することはないとは思うが、あまり面白くはなさそうである。


急いでメメを部屋に戻し(さながら浮気がばれた男が女をベランダに追い出すように)ミューを撫でてやった。

私に長時間撫でまわされるのはプライドが許さないらしく、すぐにそっぽを向いたが心は満たされたようで、
リビングのソファで落ち着いた。



メメさんもその後は鳴くことなく寝てくれてよかったが、、いや~。大変だなぁ。

これ人間の兄弟とか産むともっと大変だ。世間の母たちはこれを悩み乗り越えてきたなんて尊敬する。

そういえば昔、母が言っていたが、

私に年子の弟が生まれた時、急に姉という位を授かった私はストレスで※ツナピコと水しか口にしなくなり、焦った母が「お姉ちゃん」と呼ぶのをやめたらしい。


※ツナピコとは金や銀の紙にキャンディーみたいに包まれた、ちいさいサイコロ状の乾燥した、例のツナのおつまみです。










mannzoku.jpg

こういう姿を眺める為だけに猫を飼っているといっても過言ではない。










ランキングに参加中です

クリックして頂けると更新の励みになります


人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村










スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。