上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
gurokki.jpg
大変おつかれのミューさん。ちょっとちびっこ相手の遊びは休んでいただこうと思う。








メメさんとのリビング生活を始めてから、ミューさんが完全に参ってしまっている。

やはり早すぎたようだ。



子猫のパワーを完全に侮っていた。



猫は生粋のハンターであり、

見かけこそふんにゃりとして毛に覆われ、ぬいぐるみのモチーフになったりするので、

私はうっかり忘れていたが、

ライオンとか、ヒョウとかチーターに近い生き物であって、決してウサギとかハムスターに近い生き物ではない。



あいつらは幼少より生きていく為に狩りを学び、

その方法も身体で覚えるアクロバティック方式である上、無駄に、熱心に訓練する。

そしてそこそこ大人になると、今度はいざという時に動けるよう、体力温存の為、ほぼ寝て暮らす。



野生で生きる為にはそれでいいだろう。

生きていく為の狩りだもの。それは熱心にやったって、やりすぎるということはないはずだ。

体力温存も大いに結構。時に食べ物が取れない時期だってあるだろう。


オリジンの力はすごいな~。

こんな、片田舎の、小さな家の中でも、息づくパワーを秘めている。



せっかく猫を「飼ってる」つもりの私からしてみれば、狩りの練習も、体力温存も、

なんだか飼い主として、信用されていないような気分にならないわけでもないが、

ようはつまり、猫は「飼われてる」つもりがないわけで。


そんなことを考えながら、オリジンのパワーに寄り添う(あやかろう)形で、

猫と暮らそうと考え直したわけです。









kaaryuudo2.jpg
休憩したいときはこういうかたちになって勝手に休む。








karyuudo3.jpg
でも、すぐに訓練開始。







karyuudo.jpg
とことん遊んで疲れさせてやった。舌がでちゃってへーへー言ってたけど大丈夫だろうか。




funnnayari.jpg
メメの相手は、猫(ミュー)の手を借りなくてもなんとかやっていけそう。








※ランキングに参加中です
応援して頂けるとうれしいです

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ




スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。