上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「やあ」っていってるみたい。

どうしよう。

かわいいっていうか。デビル顔だなぁ。



debiru.jpg
最近「五時起きデビル」とよばれているメメさん






ミューさんの声が戻ってきた。
まだ本調子じゃないのだがだいぶよい。

そして私も本調子ではないが、だいぶよくなった。

私も私でここ最近メメさんの5時起き目覚まし時計が復活したということもあり、(今日で10日目を迎えます。)
完全に参ってしまっていて、
実は、ミューさんが体調崩してからは、「もう限界、メメさん、手放そう。」とひっそりしかし、強い意志で完全に決め込んでいた。
 
「だってミューがこのままじゃノイローゼになっちゃうよ。ミューさんがかわいそうじゃないか。」
ちなみに「ミュー」を「私」に置き変えることも可。むしろそっち。

人間のエゴと言われようと結構。
ミューさんがノイローゼになるのはメメさんに対してだけだが、
その空間をトータルプロデュースしなければならない飼い主は、
もっと大変なんだ!ぜッ!

イメージとしては、メメさんが新入り女優でミューさんが大御所俳優かなんかで、
大御所が「あいつ気に入らない。あいつがいると役に集中できない」
といわれればプロデューサーはその新入り女優を降板させたりするんじゃないか。
で、女優はもっと生かしてくれる舞台に立たせるんじゃないか。

そうなのよ。いや、でもほんと二匹の為なの。信じて。




そんな時に頂いた、新しく開拓した先生のお言葉。


「無理せずのんびりやろう」そう、心底おもえた。


初心に戻るべく、リビングにゲージを置き、
メメさんがミューさんの眠りを妨げそうになったらすぐにゲージに入れます。
もちろん、入れるとしばらくして「だせ~!!」といって大鳴きするので、出しますが、それを繰り返すようにしています。


そうして昨日気づいたのだが、
どうやら、メメさん、ほんとはミューの隣で一緒に寝てみたいみたい。
でもまだ上手にアプローチできないのよね。
子供にありがちなちょっと気になる子に意地悪したり、意地はったりするあれですな。

もうすこし大人になれば、自分の欲求を、相手に、迷惑かからないカタチで、満たすテクニックが付くというもの。
そうそう、それが出来るようになると、自分のやりたいことが出来るようになって。

大人になるってそれが楽しいのよね。

そういえば私もそうだった。



メメさんを見て、ひさしぶりに懐かしい気持ちになった。

はやくメメさんがミューの横で寝れるといいなと思った。




ミューさん
ミューさんの近くで寝てみたいメメさん。



クリック頂けると嬉しいです

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。