上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
早起きが日課となったメメさん。

早起きして何をするかといえば、ミューさんと一悶着(一遊び)した後、
外を眺めて、ぼ~っとしている。

ミューさんも一応早起きに参加し悶着にも付き合ってくれるが、
その後、寝室で二度寝するし、私もお弁当作ったりするので、
その間、メメはいい子に一人で時間をつぶしてるってわけです。

2011_0724_080840-DSC00793.jpg



2011_0724_080702-DSC00792.jpg


以前よりだいぶ猫っぽいよ。

2011_0724_080621-DSC00790.jpg




私も早起きが板についてきた。

早く起きるためには、早く寝なきゃいけないわけで、
最近24時前には寝てるのね。

とってもヘルシー。。

今まで早く起こされることにイライラしてたけど、「される」と思わず、「する」と考えると、なかなかいい習慣を身に着けさせて頂いたような気がする。


●メメが来てよかったこと●

①早起きの習慣がついた
②ミューさんが甘噛みを覚え始め、手に傷がなくなった。
③    ・・・家族にかわいいのがふえた。


まだ二つしか思いつかないけど、これから増えていく予定。


こう思えるようになったことは
私自身だいぶこの状況を受け入れてきているのだろうか。
余裕が出来てきたということか。

ついに楽しみ始めて来ているのだろうか。

でもまたすぐに落ち込んだりするんだけど。。






三十目前で急にコーヒーが飲めるようになった私は、まだまだ進化できるかしら。

2011_0722_104004-DSC00785.jpg



クリック頂けると嬉しいです

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 



スポンサーサイト

Comment


そうそう、きっと大事な大事な家族の一員になります!
悩みだすときりが無くて、本当にこれで良かったのかな?の繰り返しをします。
失って、そのかけがえのない存在に気付かされます。
私自身が、そうでした。

見つめてくれる眼差しは、いつも純粋で飼い主だけを見てくれています。
Re: Re: タイトルなし
そうですね。
ペットがいなくなるとぽっかりと自分の中に穴があいてしまいますね。

わたしも小さいころから色々飼ってきたけど(猫は一度だけ)
いなくなる瞬間がどうしても辛くて、ペットロスになってしまうタイプです。

>見つめてくれる眼差しは、いつも純粋で飼い主だけを見てくれています。

本当にそうですね。
亡くなるとその眼差しやさわり心地や舐めてくれた感触などを思い出していつも苦しくなります。
もはやペットではなく人間のような対象になってしまいます。

辛い経験をしてでも動物が好きで一緒に暮らすことをやめられないのですが、
私は少しずつ動物を飼うときは距離感を大事にするようになりました。

やはりペットは人間とは違うはず。
猫なら猫として尊敬すべきだし、犬なら犬として尊敬すべきで人間ではないという距離感常に大事にしようと思っています。
それがお互いが気持ちよく生きていくために必要だと思うようになりました。

そのためにキリなく迷いつ続けなければいけないけれども。。笑。

メメさんとミューさん、そして夫と私。
いい家族になると同時にいい共存者になることを目指しています。

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。