上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
myukoneko.jpg
子猫時代のミューさん







先住猫ミューは生粋の捨て猫でした。

6月の雨の多いある日。2、3日ずっと近所でニャーニャーなく声がいたしまして、

その声は夜中もとどまるところを知らず。

あまりのでかい声に盛りの猫かと思っていたので「うるへーなー」と夫婦で話しておりました。

日に日に危機迫った声になり、(命が危うい子猫の声は本当にサイレンのよう)まさか子猫?

と思い始めましたが姿が見えず、どうすることもできません。

そんな3日目ぐらいの大雨の夜、

我が家のウッドデッキの下でサイレンはなっておりました。

わざわざ家を選んできてくれた子猫を見捨てるほど非情になれず、

私たちはその時計画中だった、「かわいい豆芝を飼おう☆」作戦を

暗黙のうちに断念しました。

翌日獣医に連れて行きはれて我が家の仲間入りです。

獣医さんは大変かわいいといって下さり、”マダガスカル2のモートに似ている”と言い、

私が観たことがないというと、DVDまでくれました。

そんなにかわいいのか!うちの子!!

とすっかり有頂天です。

(今思えば、子猫の保健所行きを阻止するためだったと思われます。。)

先生は今でも、ミューの事をモートと呼びます。

過去の生い立ちも複雑そうだったので、甘やかして育てた結果、

現在、警戒心のあるわがままな猫になっております。

ちなみに、私が助けたのに、主に夫になつくところも面白くありません。

そんな、ミューさん。

もう一匹飼おうか相談したところ、”モートの性格上あまりよろしくない”と警告してくれた先生がいたにも関わらず押し切ったのには、訳があります。

うちは基本的に室内飼いですが、たまに目の届く範囲で外に出しておりまして。

ある時、野良さんを発見したミューさんはニャーと言って、野良さんに駆け寄っていったのです。

あんなによそ者を受け入れないヘムレンさんのような猫が!

やっぱ、あんた友達ほしかったんだね!!いいじゃん!私ももう一人いれば楽しいと思ってたんだ♪

今思えば勝手な解釈だったかもしれない。申し訳ない。

でも勝手な解釈をされるのは飼いネコのサガであるところもあると思うので、そこのところは大目に見て頂きたいものです。

こうして、うちは、猫と人が一緒にくらしています。

myuotona.jpg









ご負担にならなければぜひクリックしていただけるとありがたいです☆
人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。